マンションが投資の対象に|可能な限り失敗しないような成功事例|マンション投資の基本

可能な限り失敗しないような成功事例|マンション投資の基本

男の人

マンションが投資の対象に

建物

運用をすることが

マンションが投資の対象になります。要するにそこで利益を出そうとするわけです。二つほどパターンがあります。まず、売ることです。値上がりをすることが目当てで買うわけです。バブルの時などは、非常に有効的な投資になっています。もう一つは、貸すことです。現状、マンション投資と言うのはこちらの方が主流になっています。土地を持っていて、そこに分譲マンションを造り、売ることもありますが、極めて資金的に負担が大きく、リスクもかなりでかいです。但し、リターンも大きい上に、かなり短期的に結果が出る投資になります。土地は売ってしまうことになりますが、億単位の利益が出るのもよくあるので、資産家には人気がしっかりとあります。

貸すこと

マンション投資であくまで一般的なのは貸すことです。上手くすれば、ずっと利益を出し続けることになります。これは不労所得になります。それが最終的な目的であり、売るとどうしても一度の利益で終わってしまうわけですが、運営であれば長い間の利益になります。これがマンション投資の中でも人気がある理由になっています。売買では、どうしても一度の利益に課税されてしまうので、税金的に厳しいことも多いです。マンション投資の中でも運営をすることは、長いリターンを期待することができるので、極めてお勧めできます。但し、さすがに投資額が高いのが、どうしてもネックではあります。しかし、土地があれば不動産投資ローンも通りやすいです。